TOP

中古バイク選びの「バイクネットAJ」品質評価で安心と信頼を提供

中古バイク購入はメルカリと販売店どちらが良いの?

  • 新着記事
  • 2018.07.10

2018年6月にマザーズへ上昇し勢いの止まらないメルカリ。メルカリは圧倒的な出品数を誇り、ここでの中古バイク購入を検討している人もいるでしょう。そこで今回は、メルカリで中古バイクを購入する場合と販売店で購入する場合のメリットをそれぞれご紹介していきます。

  • メルカリで中古バイクを購入するメリット・デメリット

スマホの普及によってフリマアプリは高い人気を誇っています。個人間での売買といえばネットオークションが代表的な存在でしたが、フリマアプリは自分で価格を自由に決めることができ、出品や購入手続きもネットオークションに比べて簡単なため一気に普及しました。

中古バイクをメルカリで売買するとき、出品する側と購入する側のそれぞれのユーザーの間には仲介する業者は存在しないことになります。そのため、中古バイクを購入する際には売る側としては高く販売でき、買う側は安く購入することができます。これはオークションであっても同様ですが、メルカリの場合はスマホ一つで手軽に出品できるようになったことで出品者の裾野が広がり、さまざまな車種の中古バイクが出品されるようになったのです。

このように、中古バイクをメルカリで購入する最大のメリットは価格の安さであり、名義変更やナンバー取得などの手続きさえユーザー自身でできるのであれば手数料なども最小限に抑えることができるのです。名義変更を含めた手続きは新たに買い換える際にも役立つ知識なので、この機会に挑戦してみるのも良いでしょう。


メルカリのようなネット取引では出品者がどれくらいバイクに詳しいかは未知数です。またバイクショップのように頻繁に中古バイクを売買しているわけではないのでレビュー実績では評価がしにくいです。個人対応のため遠方のユーザー同士での取引においては陸送に対応できない等、引き取り限定といった条件の下で出品されていることもあります。商品紹介文の中に出品地域が記載されていてる「発送元の地域」の欄に都道府県を入札前に必ず確認しておきましょう。直接出向いて取引が可能な地域であれば陸送費もかからず、相手と直接コミュニケーションも取れるため安心した取引が可能となります。あと購入者自身の手続きはバイクショップを経由するよりも多くなります。一般的なバイクショップが代行して行っている作業を自身で行う必要があるので、知識だけでなく手続きに必要な時間を確保する必要があります。

  • バイクショップで中古バイクを購入するメリット・デメリット

これまで一度も中古バイクを購入したことがない人、手続きのノウハウがない人は、バイクショップでの購入が安心です。インターネットでの取引は一般化してきたとはいえ、未だに不安を抱く人は少なくありません。ネット取引に対する詐欺やトラブルへの対策は進んでいますが、中古バイクという大きな買い物をする際には多少価格が高くても安心して取引をしたいユーザーも多いです。

バイクショップはお店の看板を掲げている以上、信用のある取引が最も大切です。悪質な販売手法や手抜き整備、走行距離の改ざんなどを繰り返していると、あっという間にユーザーの間で悪評が広まるもの。やがてそのようなバイクショップは自然と淘汰されていき、長く存続することが難しくなっていきます。それほどバイクショップが中古バイクを扱うには高い品質が求められ、長く続いているお店ほど高い品質が担保されていると言っても過言ではありません。もちろん、お店のスタッフや整備士の腕によって品質は変わることもありますが、実際にお店に足を運び、コミュニケーションを取ってみることで本当に信用に足りるお店、スタッフなのかを自分なりに見極めることもできます。


メルカリのようなインターネット取引はスマホひとつで情報が得られ、多くのバイクを同時に比較検討することができるというメリットもあります。ただしバイクショップで実際に中古バイクの現物を見てプロのスタッフに相談するという行為はできません。初めてのバイク選びや、長く乗り続けたい1台を探している人、バイクのことがよく分からない人にとってはバイクショップでの購入が最適な方法といえるのです。購入後のアフターケアも万全で、ちょっとしたトラブルへの対処も気軽に相談できる関係を築くことができます。


メルカリとバイクショップ、中古バイクを購入するにあたってどちらが良い、悪いと断言することは難しいものです。それぞれにメリット、デメリットがあり、購入を検討するにあたってどのようなポイントを重視するのかによっておすすめの購入方法は変わってきます。ユーザー自身の考え方によっても選択肢は変わってくるため、じっくりと比較検討してみることが重要です。

制作・協力

バイクネットAJ事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す